HOME > How to Deco
 
*こちらのHowtoページでは、パーツクラブ・オンラインでお取り扱いのないアイテムもサンプルとしてご紹介しております*
 
■貼り付けパーツ
≪スワロフスキー・エレメント
  フラットバック≫
表面のカットがキラキラと輝きを放ちます。 色・サイズが豊富でデコレーションには必須アイテムです。
     
≪カットガラス≫
カットガラスの裏面を平らにした、貼り付け用のパーツです。リーズナブルなので大量に使用する場合などにお勧めです。
≪爪付きラインストーン≫
石座が一緒になったストーンです。ボリュームがあるので高級感がある印象に仕上がります。
     
≪プラ 貼り付け用 半丸パール≫
貼り付け用の半丸状のパール。パールがあるだけでキュートで上品に仕上がる万能アイテムです。
≪ブリオン≫
小さいけど輝きと存在感はバツグンのブリオンは散りばめたり、ライン上に並べたりすると立体的で華やかな印象に仕上がります。
     
■その他デコにお勧めのパーツ
≪スワロフスキー・エレメント≫
ファンシーストーン
さまざまな形や色があり、作りたいイメージに合わせてアレンジ色々。盛りデコに最適!
≪プラスチックパーツ≫
形や色、種類豊富なプラパーツ 。おかしやケーキのあま〜いスイーツパーツから、インパクトのある大きなパーツまで、組み合わせや使い方は自由自在!
     
≪ソフト/セラミックフラワー≫
大人気のフラワーパーツ。色や形、大きさも様々なので、デコレーションのイメージに合わせて選びましょう。
≪メタルパーツ≫
すかしパーツや種類豊富なチャームはアクセントとしてデコレーションすると、さらに豪華に変身します。
 
 
■基本の道具
≪マジカルピック≫
吸着樹脂が先に付いているので、ストーンが思い通りに貼れるアイテムです。
≪マジカルチップ≫
ハイテクスポンジが先に付いているので、ストーンが思い通りに貼れるアイテムです。
     
≪ピンセット≫
先が細くとがった手芸用がお勧め。つまんで貼る作業のほとんどがこなせます。
≪マジカルトレー≫
トレーを左右にゆすると、トレー中央のつぶつぶ状の樹脂に引っ掛かり、簡単にビーズが表向きになります。
     
■あると便利な道具
≪デコクリア≫
デコレーションしたいものに薄く塗り、上に接着剤を塗って使います。簡単にはがすことができます。
≪マジカルケース≫
しきりの下についている樹脂にストーンが引っ掛かり、ゆすると簡単にストーンが表向きになります。接着剤が間違ってついてしまっても、乾くと簡単にはがせます。
     
・楊枝、竹ぐし … 細かい部分に接着剤を塗るのに便利
・綿棒 …………   はみ出した接着剤をふき取るのに便利。
・やすり ………   アクリルやメタルパーツのバリ取りに使います。ネイル用でも紙やすりでもOK.
     
・定規 ………… 素材の寸法を測り、乗せるストーンの数を計算します。乗せたストーンがまっすぐかどうかもチェックできます。
・リムーバー …   はみ出した接着剤を取るのに便利です。
・ペン類 ………   ストーンの配置を考える時、目印を付けたりします。
 
■エポキシ系ボンド ※2液を混ぜて使います
≪セメダイン ハイスーパー5≫
アクセサリー制作上のほとんどの用途に使用できます。2液を混ぜて使用します。約5分で固まり始めます。樹脂・布などには使用できません。
 
     
■シリコン系ボンド ※混ぜずに1液で使います

≪デコ プリンセス(ラインストーン用)≫
水性でべとつかず、糸引きしません。スマートノズルで細かい作業に便利です。

≪デコ プリンセス(デコレーション用)≫
大きめのパーツの接着に最適です。替えの細口ノズルがあるので、細かい作業もしやすいです。
     
≪セメダインスーパーXクリア≫
5〜10分で固まり始めます。24〜48時間で完全に硬化します。布には不向きです。
 
≪ウルトラ多用途SUクリア≫
約4分で固まり始めます。約24時間で硬化します。硬化後は弾力のあるゴム状になります。
     
≪クラフトボンド≫
約30分で固まり始めて、24時間で完全硬化します。洗っても取れにくい耐水性です。
 
■初心者にお勧めデコ土台・1 
 *貼る面が平らで四角い土台は、パーツが貼りやすく貼る数を計算しやすいので簡単にデコ可能です。
■初心者にお勧めデコ土台・2 
 *面積の小さい土台は短時間でデコできるので、初めての方にも最適です。
■デコ土台アイディア集  
 *家にある物、身近にあるいろいろな物にデコレーションして楽しみましょう♪
■ストーンを貼るときの道具の選び方
 
■ストーンを上手に貼るコツ(ワンポイント、もしくは細かい部分に貼る場合)
 
■大きなパーツを上手に貼るコツ
縦列・横列それぞれにストーンを真っ直ぐに並べて貼り付ける方法です。
チェック、ボーダー、市松模様などのデザインに適しています。
ストーンを並べ、次の列は前の列のストーンとストーンの間に隙間を作らないように並べる方法です。
アーガイル柄や円柱形の土台にも隙間が少ないのでお勧めです。
花柄、アニマル柄等、曲線の多い柄によく使われる貼り方です。
メインになるストーンで柄の輪郭を貼り、残った隙間や内側を小さいサイズで埋めていくときれいに仕上がります。
 
ページTOPへ